医療脱毛はどれくらいの値段?効果はある?

医療全身脱毛とは?エステサロンでの全身脱毛との違いあるの?
医療全身脱毛とは、全身の皮膚に存在する毛のメラニン色素に対して、レーザーを照射し、毛を再生させる部分(毛乳頭)を破壊し、焼き切る方法のことを言います。

毛乳頭を破壊するといった脱毛処置が行えるのは、医師免許を持つ医師のいる医療機関のみなのです。

医療脱毛はエステサロンで行われている光脱毛とは異なり、医療機関による医療レーザーを使用した脱毛のことを言います。

エステでの脱毛との大きな違いは、照射パワーの違いです。

さらにエステサロンでの脱毛は「長期間効果のある脱毛」は行ってはいけないと法律で定められているため、低出力の脱毛マシンのみが使用可能です。

一方で、スキンクリニックや美容クリニックなどの医療機関では医師が常駐していることが条件なので、施術中に万が一皮膚トラブルが発生した場合にも、その場ですぐに適切な処置に対応できるので、高出力が特徴であるレーザー脱毛機器を用いての脱毛処置を行うことができるのです。

最新のSHR式脱毛(蓄熱式脱毛)は従来のレーザー脱毛の欠点を補ってさらにパワーアップした医療脱毛機器です。

このSHR(蓄熱式)脱毛は今までの脱毛業界で主流であったレーザー脱毛や、エステでの脱毛処置に用いられるIPL脱毛などのデメリットであった部分を補うことで、より効率的で優れた脱毛を可能にしたのが特徴で、医療全身脱毛によく利用されている最新脱毛方式です。

全身脱毛をしたいならば、医療全身脱毛が効率的なのでおすすめです。

医療全身脱毛は高い?値段はどうなの?
医療全身脱毛は値段が高いのでは?と心配している方もいるかと思います。

スキンクリニックや美容クリニックは医療機関ですが、保険診療ではなく自由診療なので、各々の医療機関が自由にな弾を決められることで全身脱毛の値段はそれぞれ異なります。

よって価格競争が激しく行われているのです。

また脱毛処置に使用するマシンによっても値段は異なってきます。

最新機器のSHR式脱毛機器を使用するとなると値段が高くなる傾向にあります。

ここで、大手の脱毛処置可能なクリニックの値段を調べて、医療全身脱毛処置一回当たりの値段が安い2箇所のクリニックをピックアップしてみました。

ここでは全身のみ、VIOラインを含まない条件で調べています。

また、キャンペーン期間中は値段が変わる可能性があります。

まずは、ブランクリニックという医療レーザー脱毛専門のクリニックは一回当たり、業界最安値の24,000円となり4回コースだと96,000円となっています。

使用機器は最新式のSHR式脱毛器を取り扱っています。

ブランクリニック公式サイト:https://bccl.jp/price/
次に、一回当たり53,800円のドクター松井クリニックです、5回コースだと24,900円となり少し割引されます。

こちらのクリニックも医療脱毛専門クリニックです。

ドクター松井クリニック公式サイト:http://xn--wckwfybb4162b6jc7z9dsnr5pwyz4a.jp/menu/all
今回、調べた中で医療脱毛のVIOラインを含まない全身のみのコースだと1回あたり平均して5~6万円前後の値段なので、エステサロンでの全身脱毛の高めの値段設定です。

先で述べた2つのクリニックの様に新しく医療脱門専門クリニックが新規参入している状況に伴い、価格競争によって全身脱毛の値段が低下していく可能性が高いです。

医療全身脱毛の効果のほどは?一回で効果を実感できるの?
医療脱毛処置はエステサロンでの脱毛と比較すると短期間で効果が出ると言われています。

しかし、一回処置を受けただけでは効果は出ないといえます。

処置後、しばらくは毛がおとなしくしていますが、しばらくするとまた毛が生えてきます。

毛量は一回のみの処置でも減るかもしれません。

毛には毛周期というサイクルがあり、成長期や退行期、休止期といったサイクルを繰り返しています。

最新式のSHR脱毛方式では成長期と退行期にある毛に対して、脱毛効果が期待できます。

残りの2/3は休止期の状態にあるので休止期の毛にはレーザー照射しても効果は期待できません。

永久脱毛という半永久的に毛が生えてもない状態にするには、回数を重ねて繰り返し医療全身脱毛処置を受けることが必要です。

また、最新の医療レーザー脱毛機器を使用すると、より効果が高まるといえます。

脱毛処置回数を重ね、最新機器での処置を受けることで脱毛効果は効率的に跳ね上がるといえるでしょう。

医療全身脱毛はVIOラインも含むの?
医療全身脱毛では基本的にVIOラインを含まないことが多いです。

VIOラインはハイジニーナと呼ばれ、デリケートゾーンのことを指しています。

VはVライン(ビキニライン)、IはIライン(陰部の両側に生えている2本のタテライン)、OはOライン(肛門周囲の丸いライン)のことを指します。

全身脱毛をするならば、VIOラインのハイジニーナ脱毛も併せて行うことをおすすめします。

衛生的に清潔を保つことができるのはもちろんのこと、夏場のムレや不快感の解消につながるといえます。

VIOラインの脱毛を含めると値段がプラスされ高くなる場合があります。

しかし、脱毛処置を行うクリニックによっては全身脱毛のプランにVIOが含まれている場合もあり、その場合はよりお得にVIO脱毛を行うことができます。

最新機器のSHR式脱毛器で医療全身脱毛を行うメリットは?
SHR式脱毛は育毛研究の過程で発見され、確立した新時代の脱毛方式と言われています。

育毛研究の中で、バルジ領域内の毛包幹細胞が新しい髪の毛を作り出す構造が発見されました。

育毛の場合、このバルジ部や毛包部を活性化することで発毛を促します。

この育毛技術を逆手にとり、脱毛に応用したのです。

脱毛の場合は、バルジ部や毛包部の活動をストップさせることで脱毛効果が期待できるのです。

SHR(蓄熱式)脱毛で医療全身脱毛を行うメリットは、皮膚トラブルのリスクや痛みの軽減などがあります。

毛根ではなくもっと皮膚表面に近い毛包やバルジ部周辺対してアプローチする脱毛方式なので、今までよりも低温(60℃~70℃前後)で繰り返し照射して破壊する方法によって、レーザー式脱毛と比較すると皮膚トラブルの軽減や、脱毛処置時の痛みの軽減などが期待できるからです。

医療全身脱毛をするときには最新機器のSHR式脱毛器を選ぶと良いです。

【ピックアップ】
レジーナクリニックでの脱毛は良い?口コミまとめ
医療脱毛クリニックのjクリニック渋谷ってどうなの?